あらきけいすけの業務日誌(?研究日誌になってない…) 過去の記述に手を加えることもある。 (現在の日誌)
検索エンジン経由のお客様へ。 検索のキーワードが先月(2004年6月)の日誌に移っていることがあります。

Microsoft社のパッチのリスト マイクロソフト セキュリティ情報一覧
AVERTウイルス駆除ツール stinger.exe  Sasser ワームおよび亜種の駆除ツール
TODO's
7月30日(金) 成績提出締め切り
7月31日(土), 8月1日(日) 二日間、午後はずっと オープンキャンパス
8月2日(月), 8月3日(火) 学生相談研修会
7月中:運転免許の更新
8月7日(土) 疲労円
「協和債権回収」ネタはここ
2004.7.31(土) 前日 当日 翌日 コメントする
  • 強風とともに文月が吹き飛ばされていく。
    オープンキャンパス1日目。

    …1日目終了。ご苦労様。明日も宜しく。

  • [ひさびさに微分幾何学] Lie群は多様体である。 多様体の接バンドルに接続を入れることができる。 このとき群というかLie環の構造と両立する接続の族を考えなさい。 …という問題が考えられそうな気がするが、 教科書で見たことが無い。 随伴表現 ad がその条件を満たすというのは簡単に計算できる。 これ以外にあるのかな?
    それともこういう問題の立て方自体がおかしいのかな?
2004.7.30(金) 前日 当日 翌日 コメントする
  • [お仕事] 最終的な前期の試験の成績の転記、 事務への提出が終了した。

    …ふと、 予備校みたいにレクチャー喋りっ放しでOKだったらどれほどラクな事か、 などと横着なことを考える自分がいる。

  • [生物の学習:ヨタ] 奥さん体調いまいちが続く。

    [第1講:生命の発生] すけのすけ君(仮称)は現在、 発生9〜10週目くらい(?)である。 そこの君!生物の資料集なんか調べないように!(^^; 助産師である奥さんの言によれば、

    (お医者さんが娘っこに向かって一言)
    おくさん、妊娠3ヶ月ですな…
    …という、 テレビドラマやコミックの「おやくそく」なシーンが、 だいたいこれくらいの時期だそうである。 無事に乗り切ってくれと願うばかりである。
    [追記] 奥さんから「今日は○週目の○日目なのよ」と指摘された。 細かい日数まで数えて管理することを始めて知った。

    [第2講:刷り込み(imprinting)] 刷り込みの実験台にされたひよこってかわいそう。
    この一ヶ月でよく分かったことは

    (何気ない夕方の食事の準備の最中に…)
    女「うつ…」(突如、口を手で抑へて流しへ走る)
    男「まさか…、おまへ…」(驚いたやうに女を見る)
    女「そのまさかよ。…できたのよ、けいすけさん。あなたのこどもよ…」
    …という、 小学生くらいのときにTVドラマでインプリントされた情景ってのは(すくなくともあらき家では)真っ赤なウソだったということである。 現実は(ry

  • [知の提供:まじめ] 津村さんのアクセスとリンクを出稼ぎに行くを読む。

    何のために アクセス数を上げねばならないのか 分からない。
    どのような読者に どのような質の情報を (無償で) 提供したいのかという事が文面からは伺えない。 小中学生に科学の知識を啓蒙したいのか、 それとも専門家向けに簡便かつ的確な知識参照を与えたいのか。 (この文面を読む限りにおいては)「人気投票」のような気の向けようは頂けない。

    まず読者はだれなのであろうか?
    分析化学の専門家なのか、 大学院生クラスの専門家予備軍なのか、 それとも 「分析」と「化学」が結びつく分野があることすら知らないボクのような素人なのか。 「化学」だったら「分析」するのあたりまえちゃうのん?みたいな感じがある。 素人、一般人が相手であっても相手のリテラシをどのように想定されるのであろうか。 例えば「高校までの化学の知識をきちんと覚えていること」を前提として書くと、 ほぼ自動的に 「国公立偏差値上位クラス」 の大学の学生程度のリテラシを持った人を想定したことになるだろう。 もちろん読者のリテラシと実際の学歴との間には関係なんか全く無い。
    話は飛ぶが、 このページの「定期読者」の話を直に聞くと、 学生と言わず社会人と言わず、 大抵の「固めの」記事が読み飛ばされているようだ。 [ゆめ]ネタ(最近無いなぁ)、[よめ]ネタは好まれるようだ。 (^^;;;

    読者はどこから来るのであろうか?
    ボクの狭い経験からすると、 「一見さん」のお客は検索エンジン経由で来る。 アクセス解析において「参照元 referer」のデータを見ると分かるのだが、 ボクのサイトでは「専門的知識」のページへのアクセスの参照元が ほとんど MSN, Yahoo, Google の検索エンジンである。 データを提示するのをサボって申し訳ない。

    読者は何を求めて来るのであろうか?
    これがはっきりとは分からない。 しかしある特定のページへのアクセスのキーワードを並べてみると、 そのページへ何を求めようとしてやってくるのか推測できなくもない。 (邪推に過ぎないのだが) 一見さんは 「キーワードで引けるお手軽な百科事典」 としてページにやってくるようである。

    アクセス数に焦点をあわせるなら…
    やじうま根性的で無責任な意見を述べると、 アクセス数とその内部で相互リンクを強固に結びたいならば、 オ・ト・ナ向けサイトのような構成は次の点で「参考」になるかもしれない:

    • まず検索エンジンか何かでどこかのページへ飛んで入る;
    • そのページに入ったら、 そこから「サーフィン」をかけて、 似たようなカテゴリのページへと次から次への移動できるようにする;
    • そのためには必ず各ページに (ある程度共通のコンテンツへの) 膨大な量のリンク集を設ける。
    多分、 「最初の入り口」は問題ではなくて、 「入った後にいかに逃がさないか」という形の工夫が必要なのではないか? 最初のお目当てのコンテンツ以外にも、 読者の興味を引くようなコンテンツがあれば、 そこが外部からのリンクの対象になるかもしれない。

    [蛇足] 10年程前にウェブ(の中のHTTPサービス)が急速に普及し始めたとき、 ウェブが state of the art を反映した「百科事典」になると期待していたが、 実際にはこの日誌のような「リンク+コメント」で構成されたゴミのような2次、 3次情報が氾濫するようになった。 それは情報を提供する側(たとえばブロガー)の「書き易さ」を反映している。

  • [凝ってる] 「(株)オンラインジャパン」と名乗る団体(?)から架空請求の葉書がきた。 ここに書いてある情報(in [架空請求詐欺 PART 2])と同じもののようである。 とても凝った作りなので記念にスキャナーで取り込んじゃいました(^^; [画像:gif:64KB] しかも消印が東金(とうがね)(≧▽≦) [画像:gif:16KB] これ千葉県東金市の集配局の消印じゃないの? 葛飾区とちゃうんか? 葛飾区の葛飾東金町(かつしかひがしかなまち)郵便局は集配局ではないでしょうに。

    なお、この画像を晒し上げる目的が、 このページの読者である学生諸君の教育であることは言うまでも無い。 こんなん来ても払うたらあかんよ。 それ以上に

    絶対に電話かけたらアカンよ!
  • [檄は「木へん」] 文化庁サイトの「国語に関して」には 「平成15年度「国語に関する世論調査」の結果について」 はまだアップされていないようだ。 でも陳腐で下手な 雑音 コメントのくっついた新聞記事を読むよりも、 直接に調査結果を読むほうが格段に面白い。
    [蛇足] HTML文書のファイル名から推測するに、 文化庁では「世論」は「よろん」と読むようである。
2004.7.29(木) 前日 当日 翌日 コメントする
  • [いろいろ] 奥さんを仕事に送ったときに、 どうも研究室の鍵と自宅の鍵を自宅に「鍵詰め」したみたいだ(ToT) 自分の研究室に入るのに事務室でスペアを借りる羽目に。
    PCの不調の訴え1件。状況いまいち再現できず。
    3年生の某君にUDのアイディアを見せてもらう。
    お灸を据える事1件。
    会議は会議。 メールを読み違えて30分遅刻した。 遅刻のメリットも無いわけでは無かったようだ。
2004.7.28(水) 前日 当日 翌日 コメントする
  • 午前は市役所に行って書類を取ったりとか、銀行行ったりとか。 午後はちょっとだけ学校に上がり、メールのチェックとか。
  • [授業] なし。 あとは採点のみ。
  • [だらだら] はてなアンテナの動作がいいかげん。 いま(13:30)見たら今日のてくてくの日付が 2004/07/20 15:40:11 だったりする。 所詮はタダで使ってるサービスだから強く言う気も起こらない。
  • [理科教育] /.Jの記事理数系教員は修士以上に、との提言へのコメントRe:大学と、大学院(<-[理工学部 Admin 日記]) で紹介された事例を読みながら思う。 研究の経験は教育に対して良い効果をもたらす。 というのも、 「答えの出ていない問いに対してどう立ち向かうか」 という経験を日頃から行っていれば、 既知の事項であっても未知の事項に立ち向かうように見ることができるからである。

    「教科書的に」整理された事項であっても、 なぜそのような項目を知らねばならないかを より広い文脈の中で見通そうとする習慣ができている (とボクは思っている) からである。 (それ以上に背景知を知っているかどうかで 講義の説得力に格段の差がでるものだけどね。)

    例えば高校数学で「三角関数の加法定理を覚えろ」と言っても、 例えば「ロボットの手先、足先の位置の計算でしょっちゅう出てくるから、 いちいち公式集を見るよりも覚えておいて計算できるようにした方がいい」 という感じで、 ちらっと広い世界を示唆するようなやり方で指示するほうが、 やる気も沸こうというものである。

    [蛇足] …という目で「新しい科学の教科書」を読んでみたが、 中学校のとき以来の次のギモンが今回も解けなかった: 「なぜ中学校の段階でシダ植物の勉強なんかしないといけないんだろう?」 なぜ生きものの勉強の中でこんな項目を勉強しないといけないんだろう。 中学生くらいだったら 遺伝とヒトの発生の正確な知識を 先に教えてもいいんじゃないか?
    ホラ噺のレベルでも良いから知識の見取り図のようなものを提示して欲しいとも思う。 思春期の精神に必要なものの一つは「世界の成り立ちに関する物語」である。 これは自我の確立に関して相補的に必要になるものだと、ボクは思う。

2004.7.27(火) 前日 当日 翌日 コメントする
  • [授業(今日から補講期間)] シミュレーション設計学I(第13回, 第14回)
    期末試験の解説など。(4.9, 5.28 に欠けた分の補講)。

    [授業(県立大)] 実解析学(第15回)。 レポート回収のみ。
    複素関数論(第15回)。期末試験。

  • 補講の後、荒れ放題だった実習室の清掃をした。 協力してくれた有志の3年生のみなさん、 ありがとうございます。
2004.7.26(月) 前日 当日 翌日 コメントする
  • 丸つけ遅々として…。

    部分点をつけるような採点をするから手間がかかって自滅する自分が悪いのか、 部分点でしか点の出ないガサツな計算をする学生が悪いのか。

    処理済は6割くらいか午後10時。

    川柳作っとる場合ではないな。(ToT)

    飛んで逃げたい 空飛びたい。

    [怪答(複数)]Qシミュレーションとは何か?
    Aある物事について余計なものを排除し本質を取り除くこと。
    …余計なものと本質の両方を消したら、何も残らんではないか(^^;
    ノート持込可だったのだけど震源地はどこだ?

    前問のミスに対し、次の問題で「consistencyへの部分点」を与えるのは げんなりするような作業だ。

    日付がかわってらぁ、、、アハハ。

    転記チェックを午前1時台にするのはミスが怖いかも…なんて言ってられない。
    チェリビダッケの振った「悲愴」は演奏時間が1時間弱(58分くらい)という、 とってもゆっくりした演奏なんだけど、2巡しちゃったなぁ。

  • [授業] 卒研定例報告会
    夏休みの研究計画と事務のスケジュールを説明しておしまい。
  • 13:00〜 雑誌削減の会議
    削り方の根拠がワカラン、というのが機械工学(エネルギー系列)の意見。
2004.7.25(日) 前日 当日 翌日 コメントする
  • 今日は奥さんは日勤。

    ダイソーで100円で買ったフルトヴェングラーの振った「悲愴」を聞く。 オーケストラの名前も音源の出所も書いていないアヤシゲなCDである。 ボクはフルトヴェングラーの演奏をきちんと聞いたことが無い。 なんかリズムを曲想に合わせてぽこぽこと変える人だなあと思う。

    ローヤー木村『リコウの壁とバカの壁』(本の雑誌社)を読む。
    『バカの壁』へのツッコミ+α本。 まっとうな意見をヒネリも何も無しに読めたのが有難い。

  • Nyquist 周波数での cos を格子点上で作って2乗して 積分のつもりで和を計算すると 1/2 ではなく 1 を出してしまう … という罠に今年もまた嵌る。 _| ̄|○
    [宣言文] 最高波数使いません。>某G県の某N研の某Mさん

     高速ウェーブレット変換(fast wavelet transform)という技法がある。 この一番最初の1点クワドラチュア公式の仮定は Shannon のサンプリング定理の条件を満たすことがない。 fk = ∫f(x)φ(x-k) dx, f(x) = Σ fk φ(x-k) ではあっても f(k)≠fk である。
     ウェーブレット変換が周波数と位置の情報を同時に拾うことができる …と言っても、 所詮は不確定性で決まる精度の程度までである。 ところが、 離散だろうと連続だろうとウェーブレット変換をすると、 変換データにはこの精度よりも細かい振動があらわれる。 振れ具合はウェーブレットのフーリェ変換の中心周波数で決まる。 この細かい振動をデータの解釈に混ぜてはいけない。 窓の幅で決まるスケールよりも大きい「データのうねり」のみが意味がある。

2004.7.24(土) 前日 当日 翌日 コメントする
  • [妻のいない朝…] 披露宴のBGM (ピアノ生演奏、乞うご期待!) の打ち合わせなどのために、 奥さんは昨夜から倉敷に帰っている。 久々に惰眠を貪った朝。

    [電力依存症] 「クーラー:28度C、微風」+「扇風機:微風」でかなり快適に過ごせる。 ほとんど咳の発作も出ず(ここしばらくまるで喘息のよう)。 AMeDASによれば岡山の14時の気温は34度Cくらい。

    [ダブル・スタンダード] ひさびさに fortran をいぢった。 indexのループに思わず

    for i=1,k
    enndo
    と C とも fortran ともつかないものを書いてしまう自分がいた。

    [あと2週間] 京都時代の先生にスピーチをお願いする。 快く引き受けて頂いた。 とても有難く、 また恐縮至極である。

    [謀議] 某G県にある某N研の某Mさんと研究の打ち合わせ …と書くとなかなか陰謀めいた感じがしていい。 とりあえずFFTのラッパーを書くことを約束する。

  • [田中宇叩き] ここ数日、『華氏911』(早く見たいな)に関して 田中宇叩きのようなものが散見された。

    diary.yuco.net 2004-07-20 (Tue.) に主だったウェブ記事のリンク集がある。 この元になった記事「華氏911」とイスラエルを読んだときにボクはこう思った; 華氏911がブッシュとサウジに注目を集めたために、 結果として特定の集団の利益 (その集団のスキャンダルから目を逸らすこと) になってしまうということはありそうだ。 町山智浩アメリカ日記にあるインタビュー記事を読むと、 ムーアが「911」で アメリカとイスラエルの癒着について言及しなかったのは事実のようだ。 でも彼の意図を損なわないように「911」の中でそれに言及するのは とても難しいのではないか。

    ボクの理解・意見・感想は箇条書きにするとこんな感じ:

    • 911の事件は中近東の情勢とアメリカ合州国との関わりの中で起きている。
    • ムーアの「911」はブッシュとサウジに焦点を当てた。
    • その結果として、 「911」では言及されなかった/できなかった中近東に利害を持つ集団を利する、 という副次的効果を持ってしまった。 (ムーアの本意ではないだろうけど。) これも多分、 事実。
    • それを「その集団とムーアの陰謀である」というところは笑える。

    どんな物事にも良い側面と悪い側面がある。 ムーアの「911」のヒットに悪い側面があるとすれば、 このようなことが考えられそうだ…という指摘として読めば意義もある。

    それにしても山形浩生のポレミカルな態度って下品で感じ悪いよね。

  • [田中宇叩き] 狂牛病とアメリカ
    最初のセクションのニュージャージーでのCJD(?)の発生に関して、 もし本当にCJDであり原因がBSE牛によるものとしたならば、 どのような食品をどれだけの量摂取したのかという事に関心がある。

    リスク評価に関して、中西準子 雑感263 - 2004.6.15 「BSE 三ケースのリスク」を読んでみたが、 摂取量と発症リスクの関係はイマイチ分からなかった。 ただ中西はvCJD発症のリスクを 1年間で100万頭の輸入牛に対しBSE牛10頭当量程度の混入で 100年間に1人の発症と見積もって計算している。

    ということは、 1年間で100万頭の牛に対しBSE牛1,000頭当量(全体の0.1%)程度の混入で 1年間に1人の発症と見積もってよいのかな?

    1年間で100万頭全部がBSE牛だったとして 1年間に1,000人の発症と見積もってよいのかな? …よくわからんなぁ。

    100万頭分のお肉を何人でどんな風に食べるんだろ? 1,000人で1,000頭ずつ食べる光景は想像できんなぁ。 1億人で0.01頭ずつ食べて、 発症率0.001% となるということか? 1人年間1頭ずつ食べると、 発症率0.1% となるということか?

    数字をいじりまくってもつまらんなぁ。 オバカ丸出しだなぁ。

    田中の取り上げたケースは人数が多すぎ? 毎日、特定のレストラン意図的にBSE牛を食べさせたのか? 田中はvCJDを食中毒か何かのようなものと勘違いしてないか?

    この記事を読んで不安になった事は、 田中の取り上げたケースが本当だとすれば、 (少なくともこの街での)vCJDの発症リスクは 従来考えられていたよりも 大きいかもしれないことである。 しかし特定のレストランの関係者の病気の発生から話が出発していて、 町全体、 州全体のデータやエピソードが無く、 憶測しか書かれていない。

    なんか不気味で嫌だな。

    田中の論調自体は眉唾ものだが、 ピックアップする事実からは何かを推測できるかもしれない。 「面白い」関連記事をピックアップする人だ。

    [蛇足] BSE関連でリスクがあるとすれば、 イラク戦争の経緯を見れば分かるように、 アメリカ合州国は経済的利害が絡めば平気でウソをつく可能性があることである。 定量的評価の出来ないリスクだが、 現実に存在するリスクである。

2004.7.23(金) 前日 当日 翌日 コメントする
  • [授業] シミュレーション設計学1(第12回)。 期末試験
  • [毎日続ける効用] ほぼ毎日何かを書くことにはメリットがある。
    読者の しょーもない覗き見的な好奇心 「期待」にマメに応えることで、 リピーターが付くことである。 「今日は何書いてるやろ?」 (click!) 「なんやしょーもないこと ちょこっとしか書いてへんやん」 …ってなものである。 (関西方面の語彙を使ったことに深い意味は無い) アクセスログを見ると、 「慣れた」読者は数日おきにアクセスして、 記事を数日分まとめて読むようだ。

    「何が書いてあるかクリックするまで分からない状態」が大切である。 まとまった意見が毎日続くはずもなく、 記事の大半はヨタか備忘か他の記事へのいちゃもんであり、 自分で読み返しても面白くない。

    面白くないことが先にバレると来てもらえない。 それははてなアンテナを利用する日頃の自分の態度を見れば分かる。 はてなはひょっとすると「敵」かもしれない。

    その一方で、 一昨日のように記事を書いてもはてなに反映されないと、 「はてな八分にされたか」と考えてしまう自分もいて、 それはそれでちょっと嫌になる。
    はてなのロボット君は時々、 巡回をサボるようである。 タダ働きであろうから、 少しは同情しよう。

    [日記・ぼやき・思いつき] 考えるヒントや 他人に何かを説明するときの言い回しのヒントを 残しておくという意義もある。 だったら普通の日記帳でも良いではないかという意見もあろうが、 ウェブに載せると後で google 検索が利用できるというメリットもある。 所詮これもキャッシュを残してもらえるかどうかにかかっている。

    [備忘録] それはそうと期末の課題に 「講義ノートを整理して提出せよ」 という課題を出したら、 この日記から講義の内容の簡単な備忘録の部分を抜書きして、 毎回のアブストラクトのようなものを作り、 それにあわせてノートを整理した奴が現れた。 自分のやりたかった事なので、 先を越されてしまったようで悔しい。 (もちろん合格である。)

    [自己開示] この日記の機能は反面教師である。 日頃、 学生の愚痴を聞くことも多いが、 学生に先生も愚痴ることを知ってもらえたと思う。

2004.7.22(木) 前日 当日 翌日 コメントする
  • [勉強] 簡単なはずの Fourier-Laplace 変換でコケてブルー。
  • [labor/work] 会議があった。 高校生(一人)の学科見学があった。 試験前の質問があった。 試験の答案の再チェックがあり、 転記ミスでの不合格を一人分出さずに済んだ。 PCが納品されたが、 PCIボードが入らないサイズだった。
  • [熱帯夜] AMeDASが30度を告げる午後11時
2004.7.21(水) 前日 当日 翌日 コメントする
  • [scraps]
  • 昨日は東京で気温が 39.5 度Cまで上昇したそうだ。 (今朝の最低気温は 30.1 度Cだったそうだ。) 消費電力が最高値を示したそうだ。 消費された電力は最終的にすべて熱に化けているはずだから、 この電力消費も気温の上昇に寄与しているのではないかと思うのだが、 どう定量的に評価すべきものかさっぱりワカラン。
  • [授業なし] まずは机の片付けから。
    試験の結果を聞きに来る者ちらほら。 実験のレポートを出しに来る者ちらほら。 点数のつけ間違いが無いかどうかのチェックを数件。 点数のつけ間違い1件発覚、 速攻で訂正(最終的な成績表への転記はまだ)。

    机がなかなか片付かんな。

    …気が付くと一日終わっている。(ToT)
    それはそうと今日は「はてな」がなかなか来ない。

  • [研究] 非線形相互作用というかLie群上の接続の概念を整理していて、 群の表現になる接続(というか双線形写像)が 随伴表現と余随伴表現以外にあるかどうか調べ始めたが無さそうだ。 使える「ツール」が Poisson 括弧と Jacobi 恒等式と Riemann 計量しかない。 ダイアグラムの山が出来て途方にくれる。 これはバカにとってはこだわるだけバカかも。
2004.7.20(火) 前日 当日 翌日 コメントする
  • ナカムラ先生はご無事なのであらうか。
  • 「めざまし調査隊」の「クーラー対策」を見て思う(そうでなくても思うのだが)。 熱いからクーラーを点けるというのは、 街全体で考えれば発熱量を上げるのでチョーオバカな行為だと思う。

    夏場のスーツは法律で禁止すべきだ。 少なくとも反エコロジーで反文化、 反文明の象徴であるというコンセンサスが出来れば良いのに。

    コンビニは冷やし過ぎ。 扇風機と併用すれば電気代節約できるのに、 冷気のみで体感温度を下げようとするから良くない。

    AMeDASが35度Cを告げる11:00。

  • [授業(県立大)] 実解析学(第14回)。Shannon の定理と高次元のMRA。
    来週はレポート回収のみ。
    複素関数論(第14回)。演習。来週は試験。
    今期の講義は終了した。

    数学I, 応用数学Iの成績表を貼り出した。

  • Ghostscriptをインストールした。
2004.7.19(月) 前日 当日 翌日 コメントする
  • 披露宴の打ち合わせをした。 ホテルのスタッフとの話し合いは奥さんが一手に引き受けてくれている。 結構、 悪阻もあるのに頑張ってくれている。 頭が下がる。 夕方にいくつかの〈お土産〉を見繕いにといざらすへ行った。

    [王様の耳は…] 数学Iも採点完了。
     採点をしていて、出来の悪い答案が続出すると、 「オマエの教え方がヘタクソなんぢゃ」 と言外に罵られているような気がしてくる。 もちろん「オマエモナー(ベンキョーしねぇのが悪いんだろ)」と 心の内で罵り返してはいるのだが…。
     でも、 もう少し要領の良い進め方があるような気はする。 今年の数学Iは宿題が次の回の予習になるように問題を出した。 もう少し練れたモノであれば、もう少し効果的かもしれない。

     分からないんだったら、 もう少し質問とかして欲しいんだよね。 質問に来てくれた人には、 かなり丁寧に教えているのだが。
     年間、 百数十万円の授業料を親に払わせておいて、 質問とかして元を取ろうとしねぇとは、 この親不孝者! 遊ぶんじゃねぇ! 勉強しろ! (高校までで十分に遊んだだろ!)

    AMeDASは午後10時の気温が30度Cであると告げる。
    最近、 奥さんが扇風機を出してくれたのだが、 扇風機の微風の直撃の方がクーラーの風よりはマシな気がする。

    咳は一向に収まらない。 最近の寝不足の一因である。

2004.7.18(日) 前日 当日 翌日 コメントする
  • 連休が過ぎれば7月も下旬。 蝉は朝よりせわしなく鳴く。 気象レーダー図を見ると、 今朝は新潟にあった激しい雨雲列が北陸に移動していた。
  • [採点] 昨夜、応用数学Iの採点を済ませる。 ここまで締め切りを大幅に残してやり遂げたのは始めてかも(^^; 結局、「ブービートラップ」は「その人が設定した a, b 」に対し、 計算が正しければ満点を与えることにした。 答案の中には、 講義で解いた問題の解答をそのまま書いた答案があったが、 (これが「丸暗記」の結果か「カンニング」の結果かは分からない)、 a, b をどんな数にしようと講義の問題と同じにはできない。
2004.7.17(土) 前日 当日 翌日 コメントする
  • [scrap] 開き直りは演技?杉田かおるに一問一答 [ZAKZAK]
    仰圧?>ZAKZAK
  • [授業(月曜の代講日)] 応用数学I 期末試験。

    [王様の耳はロバの耳] ヱブは床屋の穴よりも性質の悪い拡声器である。
    今日の問題で

    次の微分方程式を解きなさい、ただし a は学生番号の10の位を4で割った余り、 b は学生番号の 1 の位を 3 で割った余りとする
    (1) y''+(a+1)y'+(b+5)y=ex

    と出題したら、この部分が予想外に効果的にぶぅびぃ・とらっぷとして機能してしまったです(^^;;; いつもわ分数を使って答えを書くので、 きゅうにあまりを出すのはむずかしかったです。 し方がないので先生はわり算のじゅぎょうをちょっとだけしました(^^; 商がぜろのときがとてもむずかしかったです。

    [王様の耳はロバの耳2] 今日の問題で

    (1) sin x を指数関数 eなんとか を用いて表せ
    (2) (1)で求めた e の関数を x で微分しなさい

    と出題したので、 (1)が間違っていても、 (1)の誤答を(2)で忠実に微分していたら点を与えねばならなくなった。

2004.7.16(金) 前日 当日 翌日 コメントする
  • 咳がなかなか収まらない + やたらに眠い。

    SPAMが自分のメール・アドレスを騙って届くのは不気味で嫌な感じ。

  • [授業] なし。 (昨日の試験の丸付けしなきゃ。) 明日は応用数学I。
    CAD関係のトラブル3件(再インストール等で解決)。 入退室関係のトラブル1件(カードのチップの表面をきれいにして解決)。 学生証再発行のハンコ1件。 明日の試験(データ解析論)で 「しゅうくりぃむ6個を3人で分ける分け方は何通りか?」 という問題が出るようだ。 (重複組み合わせの問題ですな。) これ 「しゅうくりぃむをてきとーに半分こ」する なんて状態を許可したらどうなるんでしょうねぇ。(^^;

    試験の監督補助をした。 覗き込み系のカンニングってどんなものかと思って、 空いた席に座って、 隣の答案や後ろの答案を覗き込んでみる。 一つ空いて隣の答案を正確に写すのはそれなりの視力と集中力が必要だ。 正確に写すのも一つの技能ではある。(^^;

    明日は試験。 非斉次の2階の定係数線形常微分方程式は必ず出す!

  • [brute force] google の人材募集の解き方 ハッキングバージョン。 …もあるよ、ということを教えていただいた。 Google もこんな brute force は想定していた、 というか、 こんな感じの検索+コーディング+α をサクッと済ませられることが 暗黙の要件になっているのではと邪推する。 ところで Google って e が好きなのかなぁ。 IPO 時に表明した資金の調達希望額が 2,718,281,828 ドルだったらしいし…。
    [追記] 問題の看板の画像は On Off and Beyond, July 13, 2004 に載っていた。
2004.7.15(木) 前日 当日 翌日 コメントする
  • [scrap] 佐世保北高校でまた落書き被害 映画「69」のシーンまねる? [Yahoo/西日本新聞]
    〈69厨〉というカテゴリーを作ろうか?
     ちなみに現在の校舎には村上龍在学時のものは全く無い。 現在の校舎の原型はボクが高校1年の時に完成し、 高校2年に上がる春休み(3学期の暮れ?)に、 それまで過ごした仮校舎から引越しをした。
  • 昨日は Windows Update の日だったが、こわくてパッチ当てられない。 (cf.6.12, 6.26)
  • [授業] 数学I 期末試験。
  • [理科] 断熱膨張の実験は結構あるもんだ;例: 断熱膨張
    急速な減圧にペットボトルロケットを使う。 そりゃそうだ。 そして減圧のマーカーが水蒸気。 あとはデジタル温度計を挿せばいいのかな。 減圧の速度が加減できれば完璧かな。

    ところで、 (例えばやかんの口から出ている)「ゆげ」のことを 「水蒸気」 だと思っているひとって結構多いよね。

  • 昨日、岡山大にて某校正仕事を済ませて、今朝発送した。
2004.7.14(水) 前日 当日 翌日 コメントする
  • [ヨタ] ガチャT [ice-mix]<-[FlowerLounge]  お、オバカだ…(^^;
  • [生命の勉強] すけのすけ君(仮称)はエコー図からして発生5〜6週目くらい。 心臓が形成されたくらい…かな。 性別が分かるほどまで器官の分化が進んでいないので、 無事に器官分化が進んだ場合(仮称)が変更になるかも。 そこの君!カレンダーを逆算しないように(^^;
     奥さんは仕事をしながらいろいろな人の経験談を聞いている。 自分のつわりは結構、かるい方だそうだ。 (義母さんも軽かったらしい。) 重い人だと結構もどしたりして、 げっそり痩せる事もあるそうだ。
     自然の進行に対しては万事無事であるようにと祈るより他にない。 摂生を心がけるより他にない。 パラグライダーの風待ちのようなもの。

     昨夜、 着床前診断の許可の話をテレビで見ていて、 流産に苛まれる側の意見も、 差別の進行を恐れる意見も、 いずれも深刻に同情する。

  • [合理性の勉強]
    うちの冷蔵庫には麦茶が沸かしたヤカンに入ったまま入っていることがある。

    奥さんは合理的な人で、 麦茶を沸かした後で、 そこそこ冷めたヤカンをそのまま冷蔵庫に入れることがある。 別に他に湯を沸かす事も無いし、 金属製なので熱伝導率も良いから良く冷える気がする。 さらに取っ手も付いていて注ぎやすいから便利である。 冷蔵庫の中もモノでギッシリという事はないので問題はない。

    …が、昨夜はシチューの入った鍋が冷蔵庫に鎮座してたのにはビックリした。
    確かにこの季節、西日の入る部屋の室温中に放置するのは怖い。 が…。

  • [授業]なし。 昨日より試験期間。 机の整理をはじめよう。 明日は数学Iの期末試験。

    質問等が数件。PCの調整等が数件。実験のレポート中間提出が数件。 机の上ちょっぴりスッキリ。

  • [教科書] 最近、丸善で見つけて衝動買い
    江見圭司, 江見善一著, 『ベクトル・行列がビジュアルにわかる 線形代数と幾何 −多次元量の図形的解釈−』 (共立出版, 2004) [Amazon]
    出版の日付は2004年6月25日。 高等学校旧々課程の「代数・幾何」をベースにした大学リメディアル用教科書。 現在の相対的に偏差値の低い大学で必要とされているのは、 「よくわかる線形代数」のような 「(著者の知性を疑うような)離乳食文体で大学のトピックを扱う」教科書ではない。 高校の教程のトピックを、 文部省検定済み教科書のような結果のみを記すスタイルでなく、 受験参考書のような計算マニュアルのスタイルでもなく、 文部省の教育課程の縛りに囚われずに (周辺知識まで込みで) きちんと説明する教科書である。
     とりあえずパラパラと眺めた感じで文句があるとすれば次の2点: (1) 色合いがとても地味である(いかにも共立出版)。 培風館の「物理学の基礎」みたいな有意義にカラフルな感じだともっといい; (2) 連立一次方程式が貧弱。 行列が特異な場合(いわゆる不能・不定の場合)や、 変数と式の数が異なるケースの取り扱いなどが充実して欲しかった。 例えば解が不定な場合は、 パラメーターを導入して解を表現すれば行列の核空間の基底が得られる。 制御理論などの基礎を考えると、 単純に「不能」「不定」で処理するだけではよろしくない。
     現状では満足の行くものの一つ。 ただ項目の取捨選択がまだまだ「高校数学」の悪しき縛りから完全に抜けていない。
     これ高校の学習参考書のコーナーの 「大学への数学」の近所にも 並べて欲しいな。
2004.7.13(火) 前日 当日 翌日 コメントする
  • [授業(県立大)] 実解析学(第13回)。Shannon の定理の予定。
    予習がイマイチだったのでイマイチな進行に終わる。

    シャノンの定理: f と φ とがとある band limited な条件を満たす関数ならば、 f(x) = Σ f(k) φ(x-k), f(k) = ∫f(x)φ(x-k) dx が成り立つ。

    なんて歯切れの悪い定理だ。

    複素関数論(第13回)。演習。
    0dx/(1+x4) の計算を丁寧に端折らずに書いたら黒板を使い切ってしまった。
    授業アンケートを実施した。 今年から県立大もアンケートを取るようになったのか。

  • 雷は「落ちる」ばかりではない:スプライトとは?[東北大]
  • [上に行くほど寒くなる] 理想気体を仮定した上で重力場中の静水圧平衡の説明は出来そう: 「上にたくさん空気が乗っているから下の方の空気は圧縮されているんだよ (逆に高いところは空気が薄いはずだよね)」。
     問題は断熱過程を仮定した減率の部分である。 「空気を急に膨らませると冷たくなる」という話は事実であっても、 経験的なリアリティが無い。
     地面近くの暖かい空気は軽いので、上昇気流が生じるのは事実。 「温かいから浮こうとする」のだが、 「浮き上がっていくうちに (まわりが寒いから冷やされるのではなく) まわりの空気が薄くなるので上昇気流の塊が膨らむから冷たくなる」 というのは「天下り式」しかないのであろうか? お風呂と熱気球の例では「ほとんど膨らまない」のである。

    ま、どっちにしても小学生相手だと、どこかで「天下り式」は出るんだろうけど。 (変なアナロジーかもしれないが、 算数を教えるときに数論から始めることはまず無い。)

  • ブロガーに「燃え尽き症候群」? 備忘録なら毎日続く。 この日記を書き出した頃は哲学ネタも結構あったが、 一度書くと二度と書く気がしない。 他に例えば授業改善ネタも[覚え]板書の構成の注意点についてみたいに一度書くと、後は実行あるのみ。
2004.7.12(月) 前日 当日 翌日 コメントする
  • 深夜。 テレビを点ける。 選挙報道ばかり。 改選議席は与野党半々くらいになったことを告げる。 民主党は自民党ではなく共産党を食った感じ。 絶対安定多数を崩せていないので、 与党は数の暴力をまだまだ揮うことが出来る。

    ウェブを見ると投票率は56.57%だったようだ。

  • [昼飯を食いながら] "first 10-digit prime found in consecutive digits e" って「e を少数で表したときに最初にあらわれる10桁の素数」のことではないか >CNET Japan
    …というツッコミはきっとあちこちで生じているに違いない。
    …文面を見ると がんばって意訳しようとしてるのかなー (でもチガウよなー) という気はする。
    …それはさておき http://7427466391.com に入ったところでボクは挫折。 _| ̄|○
  • [授業] 応用数学I(第13回) 。中間試験IIIの返却。 講義のやり残しを数ページ消化。

    期末試験は方程式の係数に学生番号を使うか。

    卒研定例報告会。 今日はゼミ生だけでなく、 社会人になった卒業生の○君と、 つい先日、社会人を卒業してしまった卒業生の○君も参加してくれた。

    理大の前期の講義の日程が終了した。
    県立大はあと3週ある。講義×2回+試験×1回。

    今期は何か疲れた。 応用数学I の雛型は出来た。 数学I は2年目で昨年の雛型に添った形だが、 改善をすべきだと感じるが具体的な案が無い。 シミュレーション設計学I、応用解析特論はマンネリで進められた。 宿題企画は「講義とのシンクロ」「提出・返却のサイクル」の試行ができた。 複素解析はマンネリで進めたが、教科書を変えた分だけ進めにくかった。 実解析学(ウェーブレット噺)は今回は例年より多くの事項を話した気がする (学生の反応は例年に無く悪かったので、マイペースで進めたせいか?)

    課題提出システムの試用が全く出来なかった。
    ファイル提出的な課題と数式中心の講義をシンクロさせるアイディアが無かった。
    後期は仕切り直しか?

    2006年問題まであと1年半。
    緊張感を持って臨んでいる者が何人いる?>同僚諸氏

2004.7.11(日) 前日 当日 翌日 コメントする
  • 深夜勤明けの奥さん(日勤の後に続けて深夜勤務!)と朝飯をロイホで食って、 そののち投票に行った。

    『のだめカンタービレ(9)』読了。 『ペトルーシュカ』にピアノ独奏用の組曲があることを知る。 一度で良いから「のだめの〈作曲〉シーン」を聴いてみたい。

    以前から dailylog.htm にリンクを張っていただくと、 一ヶ月もしないうちに「リンク切れ」状態になることを気にしていた。 そこで現在進行中の日記も dYYYYMM.htm#MDD でリンクできるようにした。

    • 記事へのリンクは dYYYYMM.htm#MDD にしたい。
    • 日記(current)へのアクセスは dailylog.htm にしたい。
    • シンボリックリンク(相当)が使えない。
    • (はてな)アンテナには更新を伝えたい(meta/refreshはボツ)。
    現在のページは苦肉の策である(案はいくつか考えたけど)。

    午後、義母さんが来る。 奥さんと披露宴の花束とかの打ち合わせとか。

    夕方から寝てしまう。体調いまいち。のどが痛い(金曜くらいから)。

2004.7.10(土) 前日 当日 翌日 コメントする
  • 天気予報は「大気の状態は不安定」と報せる。 奥さんは日勤。

    ところで「大気の状態が不安定」という表現を耳にして、ふと思いました。 よくよく考えてみましょう。

    お風呂を沸かすときのことを思い出すと、 温かい(熱い)お湯はお風呂の上の方にたまります。 最近は給湯装置が普及して 昔のガス風呂みたいな沸かし方は減ってるんだろうなぁ。 熱気球も温かい空気が軽いことを使って浮かびます。 それなのに空気は高いところに行くほど寒くなります。 このリクツを小学生に分かるように説明できますか?

    こんなギモンを素直に持つ小学生がいたら偉いですね。 ぼくにはいまのところ説明の良いアイディアがありません。 それから成層圏まで上がれば高いほど熱いぞ、というツッコミはなしね。 ちなみに「不安定」との繋がりは、

    高くなるほど寒くなるとは言うものの それにも限度というものがあって、 限度を超えて上空が寒くなると 冷たい空気は重くなりすぎて上空にいられなくなり、 低いほうに向かって降りてくるようになります。 このような状態が天気予報で言う「不安定な」状態です。

    これが土砂降りの雨と繋がるところを説明するには、 あともう一段いる。

    …で、 話を宇宙に飛ばして、 この上に行くほど寒くなること(乾燥断熱減率)の計算を密閉型のスペースコロニーに適用したら 「〈上〉コロニーの回転軸に行くほど熱い」というつまらない結果になった(記憶が間違ってなければね)。 その話を知り合いに振ったら、 「密閉型だと〈地面〉からの輻射で熱平衡になるから、 最終的にコロニー中どこでも全部おなじ気温になるんとちゃうか?」 というツッコミをもらった。 コロニー内部に気象を作り、 アムロとララァの偶然の出会いを演出するのはムズカシそうだ。
    [scraps]
    熱上昇気流(サーマル) [東京理科大航空部]
    成層圏 [WikiPedia]

    …「土砂降り」の噺はどこに行った?

  • [授業:今日は「月曜日」(cf.6.21)] 応用数学I(第12回) 。中間試験III。

    済んだ。丸付けが待っている。ブルーだ。(ToT)

    前期の講義は明後日の月曜まで。あとちょっと。

  • 一昨日の数学のテストの解説をした。 自由参加にしたら7人くらい来た。 これくらいの人数だと和気藹々とした雰囲気もあって、 なかなかよい。

2004.7.9(金) 前日 当日 翌日 コメントする
  • すけのすけ君(仮称)身長1cmくらいとの報告あり。
    …ところで、ここんとこ奥さんは気分がすぐれない。 その結果、 自分が食べたくないものは作らないという素直で正直な行動を取っている。 これではボクの栄養が偏ってしまい 悪影響が出ないかと心配である。
  • ここ数日 IE が落ちやすくなっている。なぜ?
  • [授業] シミュレーション設計学1(第11回)。
    授業アンケートを実施し、試験に関する注意をしたところで終了。 本日は特に新しい知識の提示は無し。試験は再来週。
  • [原稿] NIFS英文年報の原稿を提出。
  • [王様の耳は…あるいは○○の囁き] 岡山理科大のトップページへのアクセス数を増やす方法を思いついた。
    • 公式集の目次を写したページに、 岡山理大のトップページがポップアップで出るようなスクリプトを埋める。
    • スクリプトを切っても10秒くらいで、 読み込みがかかるように meta タグに refresh を書き込む。
    ページ閲覧の意思の有無によらず ブラウザが立ち上がる細工ができるって ホントにス・テ・キ♥

    …うーむ、なんかノリがオ・ト・ナ向けサイトみたいだ。

    ちなみにこのアイディアはガイシュツ(というか実行済み)で、 昨年暮れの一時期、 岡山理大のトップページには 千葉科学大のトップページを強制的に表示させる スクリプトが埋められていた。 たしかマウスをロゴの上にうっかり置いただけで、 リダイレクトされたような…。 (結局、速攻で引っ込めたけど。(^^;))

    …うーむ、すっかり社風に染まったということか…。

2004.7.8(木) 前日 当日 翌日 コメントする
  • 熱帯夜から明けた朝。

    [夕刻] 寒冷前線一過。 見上げると、 前線の雲のトレーリング・エッジがはっきり。 その彼方に青空。

    [ヨタ(ヱブ上では「ネタ」いふことも多し)]近江舞子浜でクジラが座礁(^^; (via[圏外からのひとこと])

  • [授業] 数学I (第12回) 中間試験III。(丸付けが待っている(ToT)) 授業アンケートを実施した。 今年からアンケートのOCRの用紙が大きいものになった。
  • [scrap]
  • [選挙] あちこちのブログで選挙ネタが論じられている。 (繰り返しになるが)ボクは
    「税金を払って一票を買っているので、 投票しないともったいない」というキモチ
    で投票に臨んでいる(cf.2002.4.1, 2003.4.13)。 選挙の翌日に投票率を報道で知ったときに思うことが二つある:
    [1] (1-投票率)×有権者人口[人]のひとびとは自発的に〈農奴〉あるいは〈カモ〉となる道を選んでいるとみなせるかもしれない;
    [2] 選挙前のテレビの街頭インタビューで答えているひとびとのうち、 (1-投票率)×意見が報道された人数[人]のコメントは実際には投票をしなかった人の意見だったのだとみなせるかもしれない。 (そしてそれが正しいメディアの読み方のひとつかもしれない。)
  • [整理整頓] 「インターネット世代」をかいま見た?を読んだが、 「リンクonlyブログ群」と新聞社のトップページは 記事の表題だけ並んでいるという点でソックリである。 これらのサイトは新聞、 総合雑誌(の編集)と同じような機能を果たしているとみなせる。 (ボクは新手の娯楽番組のようなものだと思っている。)
     津村さんも(0x0aの)鈴木さんも「作家」「記者」としての機能を優先的に考えておられるが、 「編集者」の機能を買って出る人も必要だと考えても良いのではないか。 彼らにとっては  「アクセス数」が「雑誌の売上」のアナログとして機能しているのではないか。
     毎日、膨大な数の(大抵は大した役にも立たない)「情報」が生み出されているので、 編集機能が自発的に生成してくれるのはありがたいことかもしれない。 「(ほとんど)リンクonlyブログ」の例としてセキュリティホール memoがあるが、 このサイトは大変重宝している。 専門家による取捨選択(編集)が効いていて、 とてもありがたい。 ヴォランタリー・ベースなので頭が下がる思いがする。
     情報を生み出す機能だけではなく、 整理する機能も大切である。
  • [触発される] 後藤君、論文に曰く
    乱流中の秩序構造というと渦構造ばかりが注目されるが、 淀み点とそれに付随する流線をひとつの秩序構造と見做すことも可能かもしれない。 ただし、流線は座標系に依存するので適切な座標系の選択には注意が必要である。
    ボクはこれがこの論文の中で一番重要で inspiring な概念提起だと思った。
2004.7.7(水) 前日 当日 翌日 コメントする
  • 七夕(太陽暦で数えてもねぇ)。 梅雨は何処に行ったと言いたい青空。
  • [授業] 福祉システム工学実験(第12回)。 データ整理。
  • [実習室] 1年生の実習室の鍵の登録。昨日、ようやく学生証発行。
  • [教材用] カラーレーザーショットついにトナーコウカンの表示が出る。
  • [明快] 流体力学会誌「ながれ」の後藤くんの論文 「秩序構造による乱流混合・拡散の理解」をぱらぱらと眺め、 いくつかの示唆を得る。 後藤君の書き方は明快でいいな。
  • [愚か者] 検索のキーワードとして「円の接線の方程式」がそれなりにあるので、 それなりのページを作ってみようと思い立った。 円の方程式
    (x-a)2 + (y-b)2 = R2
    の点(c,d)での接線は
    (c-a)(x-a) + (d-b)(y-b) = R2
    となるというものだ。 それで、 この結構きれいな形がどこまで一般的なのか知ろうとして、 偏微分方程式 (∂f/∂x) x + (∂f/∂y) y = a f (ただし a は定数)の一般的な解 f(x,y) を求めようとしたが計算できなかった。 xa-k yk しかないというところが分からない。 _| ̄|○
  • [scrap] 相関はありそうだが因果関係があるとは言い切れない。
    • 「青少年の意識・行動と携帯電話に関する調査研究」概要 [警察庁少年課]←[MedWave]
      興味深く、 また「示唆的」な調査ではあるが、 各項目が一体何を検証したいのかイマイチわからない調査。 「概要」なのでもうちょっと詳しい分析があるのかな?
    • 携帯電話持つ女子中学生、「家で勉強しない」が非所持群の1.6倍 [MedWave]←[K.Moriyama's diary]
       まず記事のタイトルそのものが警察庁の資料のポイントとずれているのでは。 あきらかに「惹句」となることを狙ったあざといつけ方である。
       記事に曰く『性犯罪や子ども同士の暴力による死傷が相次ぎ報道されるなか、「何かあった時のために」と、中高生に携帯電話を持たせる親は少なくない。しかし、その親心が裏目に出るかもしれないと思わせる調査結果を警察庁が6月末に発表した。』
       この日経の記事ように、 「強い相関関係」を提示して「因果関係」を示唆するのは、「科学的、客観的に装う」ときの常套手段である。
       もちろん「因果は無いが相関がある」場合に、 仮に因果があるとして、 どう対処、行動すべきかという社会的テーマもある。 例えば「地球温暖化問題(と二酸化炭素の関連)」がそうだ。 しかしこの「携帯電話(と学習態度あるいは非行との関連)」が そのようなテーマであるとは思えない。

       ただ子供の携帯電話の利用には「ちょっと我慢する」習慣を 少しずつじわぁぁっと削る働きがあると感じる。
2004.7.6(火) 前日 当日 翌日 コメントする
  • 今朝は奥さんの調子が少し良いようだ。
    昨日は披露宴の食事、調度、なんやらかんやらを決めてきてくれた。 6時間もかかったそうだ。 頭が下がる。
  • 高校のときの同窓会のウェブページがあるんだ。
  • ようやく1年生に学生証が配布されたようだ。
  • [授業(県立大)] 実解析学(第12回)。
    喋ったこと: 信号解析の具体例、 (分析データ解釈の基礎としての)不確定性原理の計算
    先週喋るべきでありながら喋り損ねたこと: 1点クワドラチュア公式。 Shannonの定理とNyquist周波数。

    複素関数論(第12回)。 Heaviside cover-up method, 留数定理の応用として積分 ∫R(1+x2)-1dx
    [覚え] 部分分数展開を調べる。 partial fraction expansion, Heaviside's cover-up method, repeated root.
  • [今日のSPAM]今度は「介栄債権回収」から次のようなメールが届いた。

    Subject:介栄債権回収‐通達タ339
    この度、貴殿のPCまたは携帯端末から接続・ご利用なされた有料サイトに関して、情報内容を確認させて頂いておりますが、現時点で未納金が発生しております。現在の形が続きますと番組利用規約また、当社規定に基づき、第三次回収業社に債権譲渡、並びに公権力の介入(法的手続)等を行わせて頂きます。また、あなたの場合猶予期間がごさいませんので、直ちにご連絡下さい。尚、あなたの信用情報はプライバシー上、秘密保持されますのでご安心ください。介栄債権 営業 9:00〜18:00 (代)03-****-**** 担当 090-****-****

    へぇ。 今度は「第三次回収業」や「公権力の介入」だって。 文面が厨房でつね。 (≧▽≦)ぶわっはっは。

    [追記7.7] もちろんボクは払いません。 もちろん「身に覚えがあっても」払ってはいけません。 こんな料金請求の仕方はありえませんから。
    そういえば今度のは納金の締め切りを書いてないなぁ(藁

    [追記7.7] 「架空請求」関連の雑誌記事
    「架空請求」で日本人はなぜ騙される[Yomiuri Weekly]

2004.7.5(月) 前日 当日 翌日 コメントする
  • 明け方、雨が降った。 頭がボーっとして鈍い頭痛もどき。
    昼過ぎ。すっかり晴れ。今日の講義の準備で午前は手一杯であった。
    夕方、質問攻め。 データの和の計算の仕方(Cソース sum=0;for(;;){sum+=x[];} の事)など。 これから明日の準備。
  • [授業] 応用数学I(第11回) 。 宿題の解説。 三角関数、 双曲線関数の指数関数を用いた表記とその微分。 次回(今週の土曜)は試験。 複素数の位相の計算、 今日の講義、 微分方程式の解法。
    卒研定例報告会(第11回)。 まったり。
2004.7.4(日) 前日 当日 翌日 コメントする
  • 素うどんとゼリーの朝食を済ませた後、 奥さんはフラダンスの練習に行く。
  • 奥さんを送ったその足で、 NPO法人 福祉障害者作業所 ぱそこんハウス主催の「第6回 岡山パソコン関連福祉機器展」を見に行く。 この団体の事務所はボクんちの近所でちっちゃな作業所を構えている。 展示会は31団体が出展するなかなか立派な会でした。 大西先生の紹介で代表の黒川さんと〈しゃべる〉機会を得た。 岡山県や岡山市からかなり頼りにされていて、 いろいろと忙しいとのこと。
  • ウェーブレット解析のサンプル用のデータとして、 van der Pol 系のデータを二つ作って単純に足したら そこそこ解説の役に立ちそうなグラフができた。
  • gnuplot が bmp を吐いてくれないので png/jpg/bmp を相互に変換するフリーソフト J-Bravo! をダウンロードした。 を
  • あらためて Borland の FAQ のページ Borland C++ Compiler 5.5 - 基本機能に関する一般的な質問と回答 を読んでみると、 ウィンドウズのGUIアプリケーションのオプションスイッチは -tW ではなく -W となっている。 ためしに
     > bcc32 -W furiko.cpp
    とやったらコンパイルできた。 -tW は昔のスイッチの名残らしい。
  • 仕事が捗らない。 気が散って仕方が無い。 良くない状態。 明日の応用数学Iでは複素の指数関数を教えねば。 複素関数の微分の仕方は時間が無くて教えられない。 年度前半の山場に差し掛かってますな。
2004.7.3(土) 前日 当日 翌日 コメントする
  • 1年生の物理の宿題の解答を作成。 二重振り子のデータをウェーブレット解析。 自宅のPCの再インストール。
2004.7.2(金) 前日 当日 翌日 コメントする
  • 奥さん、気分悪そう。食欲が無い。なんとなく目線が遠い。
    今朝の食卓には、パイナップルの輪切り1個とロールパン。
    病気でないのにずーーーっと気分が悪いというのは大変である。
    こういう経験が精神 (ってゆーか気の持ちよう、思考パターンの基本線) を変容させていくのであろうか? ♂にはワカラン。
    自分の体が自分の意思ではなく自分の自然法則に従うのである。 (あえて言うならアトピーが自分の機構が自分をいぢめるので、 少しは似ているかもしれない。でもアトピーは病気。)

    夜、 朧月がなんとも不気味。 奥さんは準夜勤。

  • [授業] シミュレーション設計学1(第10回)。
    型宣言の意味、 = の意味(代入)、 制御構造の書式と動作。

    講義用に furiko.cpp, AnimationWindow.cpp を作成した。 同じフォルダに入れて使う。 furiko が AnimationWindow のソースをインクルードする。 ウチの学生に分割コンパイルなんか教えられない。 ファイル名も DoublePendulum.cpp なんかにすると、 コマンドの入力でコケるやつが出まくるだろうから、 6文字程度にした。

    [不明を恥じる] borland C++ の math.h に M_PI ってマクロ定義してあるんだ。

    応用解析特論(第10回)。
    Jordan 標準形への式変形を3×3かつ3重縮退した具体例を解きながら解説。 それの線形微分方程式系の一般解に結び付けておしまい。

  • [scrap] 科学論は科学からみれば〈たわごと〉なのかもしれない [三中信宏著,『生物科学』55(1), pp.10-14 (1/October/2003)]

    感想をここに書いていたのだが、もう少し丁寧に考え直そう。

     いろいろと感想を書き付けては消しながら思ったのだが、 「科学の営みの〈生態/歴史〉について分析、考察する諸学問」と 「新しい技術が社会にもたらす影響を考察する諸学問」とを ある程度わけて考えた方が良いかもしれない。
     前者は三中さんのいうような経験的テストを課すことが出来ると思うのだが、 後者の目的は 「対象に対する知識が不完全であるにもかかわらず、 行為を選択しなくてはならないときに、 いかに考え判断するべきかの材料を揃えること」 (cf.2003.3.4)にあるので、 理論と現実の整合性のチェックではなく、 百科全書的網羅性のチェックが重要になるだろう。

    「科学論」というラベルのくくりは、 「科学」「科学論」のお互いにとって不幸かもしれない。

    我が意を得たりと思ったことは、 (1) 科学が進化体である、 すなわち固定された何かではないこと、 (2) 系統樹として示されるようなもの、 すなわち歴史的に変化していき、 多様な種が存在する何かであると捉えられていること。 ボクは以前から「理系」「文系」ともに一枚岩ではない(2001.12.22)などと日記でほざいてきたので、 とても共感できる。 むしろ省察の際のひとつの指針を与えられたような気がする。

2004.7.1(木) 前日 当日 翌日 コメントする
  • 今月こそは「余計な」トラブルのない月になって欲しい。

    奥さんは深夜勤務。
    8時間勤務(といっても引継ぎとかあるので+α)×約5回/週 の勤務ペースなのだが、 「日勤+深夜勤」「準夜勤+日勤」のような、 勤務帯のあいだの時間が実質5〜6時間(以下)の勤務時間が 週に2回のペースで入っている。

    労働の強度は患者数等で増減するみたいだ。
    現在の勤務形態の仕事を継続しながら 赤ん坊を核家族で面倒を見ることは まずできないだろうな。

  • [授業] 数学I (第11回) テイラー展開。 偏微分の記号。 来週は試験の予定。

    試験の結果の転記ミス続出。チェックやりなおし_| ̄|○

  • 先月、言及したどこからともなくブートするOSなのだが、 脆弱性の修正がより効率的になりそうだ。 いままでだと脆弱性が修正されても Windows Update をかけない人が続出して、 blaster とか蔓延したわけなんだけど、 ブートした時点で脆弱性の修正されたバージョンが立ち上がる(多分)。 (もちろん悪意のあるブロックを放流するやつも現れるに違いない。) うまく立ち上がったバージョンを CD-R に書き込んで、 次回はそれでブートという逃げ道もあるかも(それじゃ意味無い?)。
  • Window のタスクバーを左に置くとエディタで使える行が2行ばかり増やせて便利。
  • 最近のニュースを見て奇妙に感じていたのがボクの思い過ごしでなくて良かった。
    ある疑念[ごまめのつぶやき]<-[圏外からのひとこと]
    どうも三菱自動車の再建から外資が退いたあたりから、急にネガティヴキャンペーンが始まっていないか?[void GraphicWizardsLiar( void );] <-(どうやって辿り着いたっけ?)

6月 8月 最新月 あらき けいすけ のトップページ 福祉システム工学科 岡山リカ大学
(C) あらきけいすけ 2004-2005: araki@are.ous.ac.jp